忍者ブログ

戦国ゲーム

忍者や侍などが活躍する戦国を舞台にしたゲームを紹介します!

 

忍者クルセイダース龍牙

このゲームを買う時、タイトルがイマイチ分からず「龍牙、ください!」と店員さんに言ったのを覚えています。
正式なタイトル名は、『忍者クルセイダース龍牙』です。



1990年、ファミコンの後期頃に発売されたタイトルです。
同時期に「闇の始末人KAGE」や「ラフ ワールド」とかがありました。



異星人によって地球が侵略されそうになっていたが、日本から脱出した「リュウガ」と「コッホ」が敵の本拠地に入り反撃を開始した・・みたいな話です。
タイトルの龍牙は、主人公の名前だったんですね。
もう一人がコッホって・・。(笑)
 


横スクロールのアクションゲームで、二人同時プレイが可能となっています。
全体的に派手な演出もなく、地味な印象のゲームですが・・シンプルゆえの面白さで遊べるゲームです。
アイテムは武器のみで、同じ武器を取ると1UPします。



武器は、

手裏剣・・・攻撃力は低いが、遠距離攻撃が魅力的。虎に変身する。
虎になると、移動力・ジャンプ力・近接攻撃になるが攻撃力が上がる。
一番使いやすいかも。



鎖鎌・・・攻撃力は低いが、中距離攻撃が可能。
蠍に変身でき、水中の中では移動力が上がり無類の強さを誇る。逆に地上では全く役に立たない。




槍・・・攻撃力は高いが、射程が短い。
鷹に変身ができ、飛ぶことができる。使い勝手はいいのだが、飛行中は攻撃できない。




剣・・・最強の武器だが、射程が短く剣自体が中盤以降はアイテムとして出てこない。
ドラゴンに変身ができ、無敵で障害物の制約を受けずに最強の攻撃力を誇る。
しかし、時間に制約があり、人間に戻ると手持ちの武器が手裏剣になってしまう。

各種、特徴がありますけど一長一短あります。
 

ボス戦では剣が断然有利で、龍に変身すれば最終形態のラスボスでさえ簡単に倒せますが、途中で変身することができないために、道中が厳しいものとなるでしょう。
手裏剣や鎖鎌は状況に対応できる場所に配置されてるので、アクションゲームが苦手な人にとっては便利な武器です。



虎は上背が低く攻撃が当たらないし万能な能力をもつのですが、ラスボスの最終形態は獣化して戦うと飛行する雑魚キャラが大量出現するので、攻略が至難の業になります。
なので、ラスボス戦では獣に変身できるとは思わないでください。




最終ステージは、下手をすると鎖鎌か手裏剣でラスボスに挑むことになるので考えて挑む必要があります。
私は、槍と剣以外ではラスボスは倒せませんでした・・・。
  


槍は鷹になると攻撃ができないですが、飛行できるため障害物と敵を回避できれば無駄を省くことができます。
ラスボスの最終形態も、8発当てれば倒せるので速攻で攻略可能です。
鷹の操作に癖がありますが、一番のおすすめです。



もちろん、変身せずに剣で進めるのが理想なのですが・・・どうしても水中ステージが鬼門となるので、後半がキツイんですよね。(^ー^;)
 最終ステージでは、剣がでてこないので・・・。



派手な忍術とかはないですが、Bボタン押しっぱなしで、何回でも獣に変身することができるので(剣だけ一回のみ)、プレイヤーの腕で攻略ができる覚えゲーです。
ライフ制ではなく一撃死なのがツラいですが、忍者龍剣伝の当たって穴に落ちたり、高橋名人の冒険島みたいにイヤラシイ敵の配置などはなく、決して無理ゲーではありません。
それでも、アクションゲームが苦手な人にはキツい難易度ではあります。
でも、コンテニューが無限にあるのは良心的です。




敵は配置ポイントが決まってるので、あまり行ったり来たりすると、倒した敵が再び出現するので注意してください。



2人同時プレイだとゴリ押しで進めるので、難易度が格段に易しくなります。
1人が剣を持ったままにして、とにかく1人が先に進むという攻略もできるようになります。
なにしろ、協力プレイが楽しいです♪



あまりに地味なゲームなために知られざる忍者ゲームとなっていますが、なかなか楽しめます。
よかったら、プレイしてみてください。




<p><a href="http://oldgamenews.seesaa.net/">名作レトロゲームレビュー</a></p>
<p><a href="http://hitgame.jugem.jp/">レトロゲーム攻略日記</a></p>
<p><a href="http://game.m-iked.com/">神ゲー攻略日記</a></p>
<p><a href="http://gamemeisaku.kacchaokkana.com/">有名携帯ゲーム</a></p>


PR

影の伝説

元はアケードゲーム用のアクションゲームでしたが、ファミコンに移植されました。
サイドビューのスクロール型アクションゲームです。




主人公の「影」を操作して刀と手裏剣の2種類の武器を使用して、拐われた霧姫を救出するために魔城を目指します。
 主人公と霧姫と影は森で密会デートでもするつもりだったのか?「魔界村」を思い出します。



操作する影は、ゲーム内では若いくノ一のように細く見えるのですが、イラストでは一休さんに登場する新右衛門さんのようなごついケツ顎のおっさんというギャップが何だか可笑しいです。

 
 
手裏剣は飛び道具として、短刀は接近戦の他、敵の攻撃を弾くことが出来ます。
このゲームの特徴として、ジャンプはとにかく驚くほど高く飛びます。
飛距離も相当ですが、ジャンプ中は方向制御も中断も行えないために敵の攻撃をジャンプで避けるのは至難の業です。
何もできないまま敵の攻撃に晒されミスするというシーンがいくつもありました。 



一度敵の攻撃を受けるとミスとなりますが、妖坊の炎と煙玉以外は基本的に刀を振り回すことで防御ができるようになってます。
アイテムの「水晶玉」を取っていれば、1回だけ敵の攻撃に耐えることができますが、妖坊の炎に対しては効果ありません。




森・抜け穴・城壁・城内の四つのステージを攻略し、ボスとの対決を制して霧姫を救出するのが目的となります。




四面をクリアすると再び姫がさらわれるので、再び救出のために森のステージの一面に戻り、以降ループしていくようになります。
いい加減に、気がつけよ!とツッコミたくなりますが。

 

コツとして、基本的に「進行方向に撃ちながら」と進んでいきましょう。
意外と、現れた瞬間に勝手に当たって倒せます。
斜めジャンプの上昇中なら斜め上に、下降中なら斜め下に撃っておけば間違いないかと。
手裏剣は地上に立っているときは左右にしか撃てませんが、ジャンプ中や木に登っている間は8方向に撃てます。

 

それと、敵忍者の撃ってくる手裏剣は刀で弾き落とせます。
これは始めから最後まで使う重要なテクニックです。
手裏剣に背を向けずに正面で刀を振れば、ほぼ落とせるでしょう。

 

また、赤忍者と妖しい坊さん(妖坊)の撃ってくる攻撃に関しては刀では叩き落とせません。
妖坊の火炎に至っては、水晶玉の力をもってしても当たれば一撃死です。
素直に避けましょう。
この強敵2トップが、最大の難関です。




一周目は青葉の章、二周目は紅葉の章、三周目は雪の章とそれぞれ章立てられており、景色もなぞられています。雪の章をクリアすると晴れてエンディングとなります。

 

青葉の章のボスが双幻坊で白い妖坊です。2体同時に出現するので、ボスの中では一番の難敵です。
紅葉の章のボスは霧雪之介で二刀流の使い手です。
なお、ボスキャラのみステージ上を飛んでいる蝶々を先に倒さないと攻撃が当たらないようになっていてダメージを与えられません。注意してください。




四面ごとに登場するボスキャラが代わり、雪の章の四面で登場する雪草妖四郎がラスボスとなります。

 
 
このゲームのパワーアップアイテムは、巻物と術丸と水晶があります。
阿修羅の術か分身の術(敵の攻撃を無効化)が一定時間使えます。
巻物は、画面上の全ての敵を倒しますが、影も動けなくなるのであまり意味がありません。
得丸は1UPで、点丸は取ると一万点。

 

実は、二周目をクリアしてエンディングを迎えると十二単衣を纏った霧姫を見ることができます。
かなり難しいですが、腕に覚えがある方は挑戦してみてください!


ちなみにこのゲーム、2周目を
 リアすると、十二単衣を着た霧姫が登場しました。



なお、ニンテンドーDSで『影之伝説 -THE LEGEND OF KAGE 2-』として続編が出ています。
「雪草妖四郎」にさらわれた「霧姫」の救出を目指すという前作のあらすじをそのまま用いているので続編というよりはリメイクに近いです。
新たな操作キャラクターとして「千尋」が追加され、ゲームを始めるときにプレイヤーはどちらかを選択し、キャラクターによってストーリーは異なる展開を見せます。
演出面で、イベントシーンが主にステージの始まりと最後に盛り込まれるようになっています。
隠しアイテムの存在など探索要素も強くなり追加要素もあるので、興味があれば是非♪

 

運の要素もありますけど、慣れると意外と簡単にクリアできます。
たまに、ふとプレイしたくなるゲームです。

侍道3

独特の世界感で、一風変わった雰囲気を醸し出す快作『侍道』シリーズ。
 
『龍が如く』のシリーズは好きなのですが、開発元のマクワイアの作品「天誅」や過去の作品はプレイしたことがなかったので、気にはなっていました。

もともと、私は時代劇が好きなので戦国モノは大好物です♪

それでは、PS3の『侍道3』をプレイしていこうと思います。

舞台となるのは、祇州天奈という架空の地です。
ある合戦を生き残った侍を、プレイヤーが操作していくみたいです。
キャラメイキングはできるのですが、初期状態では選べるパーツが少ないです。
条件を満たしたら追加されていく仕様でしょうか・・。

まずは、「野良衛門」というキャラを作ってみました。
精悍な顔つきです。

戦場を彷徨ってるところに農民と遭遇し、いきなり選択肢が!
「大丈夫とは言えないな・・」
そうして倒れたところを介抱され、村に運ばれますが・・

 

どうやら、歓迎されてない様子。




 

できることといえば、抜刀と土下座くらいで・・・土下座??とりあえず村を歩いてみますが、何をしたらいいのかサッパリ分かりません。しかも、移動中にマップが表示されないので方向感覚が分からないという。



道を下ると、チンピラに因縁をつけられている村娘がいます。



チュートリアル的に、叩きのめしてやりましょう!
倒した後に、一通り色々と教えてもらえます♪
ただ、このゲームは話をしている最中に移動してしまうと話が中断されてしまうので注意してください。

夜になって戦場を歩いていると、慎之助という男が
地蔵に手を合わせています。
話かけようと思って近づくと、RとかLボタンの表示が出たので押してみると抜刀してしまいました。(^_^;)
そのまま斬り合いになってしまいますが、仕方ありません。セレクトボタンで殺さないように手加減ができる峰打ちができることを思い出し、とりあえず倒してしまおうと立ち回ります!
途中で拾った大根やきのこで回復しつつ、あと少しで倒せそうなところで道を歩いていた通行人にぶつかってしまいます。
邪魔だなぁ〜と思っていると・・・なんと!刀を抜いて戦闘に加わってくるじゃありませんか?!
まさに、カオス状態です。
乱戦の末、見事ゲームオーバーに。
変に自由度が高いというか、余計なことしかできない気が・・。

気をとり直して、次は少し間抜けそうな顔をチョイスしてプレイしてみました。
しばらく夜の街を散策してみると、オープニングに登場していた姫と出会います。

「何やら臭うのぅ・・風雅とはかけ離れた臭気。これほどの悪臭は、おぬしで二人目じゃ。」



散々な言いわれようですが、彼女はプレイヤーに何かを感じとったらしく、すっかり気に入った様子。

ここで気を良くしたので、とりあえず渡世のクエストをこなしてみようと、みさえの渡世にチャレンジします。

下着のミッションをクリアして、次に大根泥棒のミッションに挑戦してみることにしました。
町に行き、怪しかった犯人を見つけたまではよかったのですが・・峰打ちで勘弁してやろうと一太刀くれたら、何と泥棒さながらに逃げ出してしまいます!
逃がすわかけにはいかないので、夢中で剣を振り回していると・・またもや町人にヒットしてしまいます!!

何やねん!と思っても後の祭りで、ミッションはクリアしたものの、町では変質者扱いで相手にされなくなってしまいました。(^_^;)

このままではヤバそうなので、どうにかしようと考えていたら町に妙な女がいました。
渡世を受られるようですが・・なんと!農民の反乱を阻止できたら、悪い噂をなくしてくれるそうな。



怪しさ満載ですが、背に腹は変えられないので速攻で受けて現場に向かいます。
舞台となるのは戦場ですが、ターゲットとなるのは農民100人!次々と農民が襲いかかってきます。
なかなか手強いですが、意外と大根やシイタケなどの回復アイテムが落ちるので、なんとか百人斬りいけました。



しかし、その夜に村に立ち寄って自分の家で回復しようと思ったら、いきなり辻斬りに襲われ・・・あっけなくゲームオーバーに!!
マップを移動するまで、話の最中だろうが寝ようとしようが、何処までも追ってくるんだもん。
(^-^;)
また最初からか・・・。

プロフィール

HN:
ノラえもん
性別:
非公開

P R